歯を抜かずに虫歯を治す根管治療:都立大・都立大学の歯科、あさの歯科クリニック

都立大の歯科:都立大駅(都立大学駅)より徒歩0分で駅近!

あさの歯科クリニック電話番号 03-5731-3755

あさの歯科クリニック > 根幹治療

歯を抜かずに虫歯を治したい 根幹治療

根管治療ってなぁに?

虫歯が進行すると歯の神経が細菌により炎症を起こします。
このような感染した神経を取り除き、根の内部を清掃・消毒し、再び細菌が侵入しないようにするのが根管治療です。

歯の根のかたちは十人十色で細かく複雑なつくりになっており、肉眼で見ることができないため、歯科治療のなかでも比較的難易度の高い治療に分類されますが、この根管治療を行うことによって重度の虫歯になった歯も抜かずに治療することが可能となります。

根管治療の期間

「歯医者に長く通っているのになかなか治らない!」というのは、多くの場合この根管治療中です。

根の中に少しでも細菌が残っている状態で被せ物をしてしまうと、後々再び痛みやトラブルが起こる可能性があります。
そのため慎重に細菌を取り除く必要があり、治療期間は早い場合は2~3回で終わることもありますが、長い場合には1~2ヶ月以上かかることもあります。

根管治療の流れ

STEP1 感染した神経・血管の除去
STEP1 感染した神経・血管の除去
STEP3, 根管の拡大・洗浄
STEP4, 薬剤の充填・仮封
STEP5, 薬剤の充填・密封

このような細かい仕事を、
実際にお口の中で行っています。

神経を取る前に

神経を取った歯は寿命が短くなることが言われております。また、神経を取る治療は治療期間が長くなる場合が多く、治療後に再び細菌感染を起こすことがあります。なるべく神経を抜かずに治療するほうが望ましいので、虫歯と感じた場合には早めに歯科を受診しておきましょう。

実際に悪くならないと歯医者さんには行かないという人がほとんどだとは思いますが、
「悪くならないように歯医者さんに行っていろいろと教えてもらう」
ということが、歯で悩まないようにするための一番の近道ではないかと思いますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。